N−アシル環状アミン誘導体またはその医薬上許容される塩

Abstract

本発明は、統合失調症における陽性症状、陰性症状、および認知機能障害に高い有効性を発揮し、従来の副作用リスクを軽減するとともに、統合失調症以外の認知機能障害を伴う中枢神経疾患に対しても優れた効果を示す化合物を提供する。式(1): [式中、Ar 1 及びAr 2 は、アリール基またはヘテロアリール基であり;Vは、窒素原子、またはCR 3 であり;W 1 は、単結合、−C(O)−等であり;W 2 は、C 1- アルキレン基であり;W 3 は、単結合、メチレン基、−NH−、−CR 4 =CR 5 −等であり;環Qは、式(a)で表される基(ここに、nは0又は1であり;mは0〜2であり;kは1〜3であり;Zは単結合、メチレン基、酸素原子等であり;R 1a 、R 1b およびR 1c は、それぞれ同一又は異なって、水素原子、水酸基、ハロゲン原子、シアノ基、C 1-6 アルキル基等である。)である。]で表されるN−アシル環状アミン誘導体またはその医薬上許容される塩を提供する。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (5)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2005518378-AJune 23, 2005ハー・ルンドベック・アクチエゼルスカベット3,4−ジヒドロ−ih−イソキノリン−2−イル誘導体
      JP-2007517014-AJune 28, 2007ワーナー−ランバート カンパニー リミテッド ライアビリティー カンパニーN−置換ピペリジン及びピペラジン誘導体
      JP-H08502474-AMarch 19, 1996メルク エンド カンパニー インコーポレーテッドトコリティックオキシトシンレセプターアンタゴニスト
      JP-S5176281-AJuly 01, 1976Cerm Cent Europ Rech MauvernayShinkipiperijinjudotaino seiho
      US-3133061-AMay 12, 1964Sterling Drug IncPiperidine carboxamides and derivatives thereof

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle