有効成分として絡石藤抽出物及び牡丹皮抽出物の混合物を含む炎症性疾患の予防又は治療用医薬組成物及び前記組成物の製造方法

Abstract

本発明による組成物は、従来の絡石藤及び牡丹皮の各抽出物と比較して、抗炎症及び浮腫抑制効果に優れた炎症性疾患の予防、治療又は改善のために使用することができ、天然物の治療薬として合成医薬品に比べて真菌感染とその他の副作用の心配のない安全な治療を提供することができ、絡石藤及び牡丹皮の抽出混合物の従来の抗細菌、骨強化、消炎、代謝、血液の栄養、若返りなどの機能と作用によって治療効果の相乗作用をもたらすことができる。 【解決手段】本発明は、絡石藤(Trachelospermi Caulis)抽出物及び牡丹皮(Paeonia Suffruticosa Andrews)抽出物の混合物を有効成分として含む炎症性疾患の予防又は治療用医薬組成物、医薬部外品組成物、炎症の予防又は改善のための健康機能食品組成物、化粧料組成物、前記の医薬組成物の製造方法及び前記組成物を炎症性疾患の疑いのある対象者に投与するステップを含む、炎症性疾患の治療方法に関するものである。 【選択図】図11

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (3)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2002241266-AAugust 28, 2002House Foods Corp, ハウス食品株式会社Method for producing tablet by tableting powder, raw material
      JP-2010516755-AMay 20, 2010シン−イル ファーマシューティカル カンパニー リミテッド絡石藤とイチヤクソウの混合抽出物を含有する炎症性疾患の予防及び/又は治療用医薬組成物
      JP-S61106515-AMay 24, 1986Osaka Chem LabFood for controlling hormonal balance

    NO-Patent Citations (2)

      Title
      JPN6014038895; CHUNG Hwan-suck et al: 'Inhibition of Nitric Oxide and Tumor Necrosis Factor-Alpha by Moutan Cortex in Activated Mouse Perit' Biol Pharm Bull Vol.30,No.5, 2007, Page.912-916
      JPN6014038898; Zhang,L.-L. et al: 'Paeoniflorin suppresses inflammatory mediator production and regulates G protein-coupled signaling i' Inflammation Research 57(8), 2008, pp.388-395

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle