uPARアンタゴニストおよびその使用

Abstract

本発明は、ウロキナーゼ型プラスミノーゲン活性化因子受容体(uPAR)の阻害剤に関する。生成される阻害剤は、足場により連結された、異なる配置にある、細胞外プロテアーゼであるウロキナーゼ型プラスミノーゲン活性化因子(uPA)の受容体結合ドメインと、細胞外マトリックスタンパク質であるビトロネクチン(VN)の受容体結合ドメインとを含有する二価uPARリガンドである。本発明はまた、薬剤としての、特に、癌の治療のため、および診断目的での使用のための上記分子に関する。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle

    NO-Patent Citations (5)

      Title
      JPN6015051106; S.A.RABBANI, et al: NEOPLASIA Vol.12, No.10, 2010, pp.778-788
      JPN6015051107; H.Y.MIN, et al: CANCER RESEARCH Vol.56, 1996, pp.2428-2433
      JPN6015051108; R.J.TRESSLER, et al: APMIS Vol.107, 1999, pp.168-173
      JPN6015051109; H.W.SMITH, et al: NATURE REVIEWS MOLECULAR CELL BIOLOGY Vol.11, 2010, pp.23-36
      JPN6015051111; G.DENG, et al: THE JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY Vol.271, No.22, 1996, pp.12716-12723

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle